たくさんの署名をありがとうございました!

5月27日時点で、1,000筆(直筆署名 943筆 Change.org 57筆)もの署名を頂くことが出来、本日(5月28日)豊富町長に手交しました。また、経済産業省(電力安全課)・環境省(大臣官房 環境影響審査室)・北海道(環境・エネルギー課)については、コロナ禍の影響により直接お渡しできない事から、郵送にて提出しておりますので、署名は現時点で終了させていただきます。
多くの皆様のご協力に心より、感謝申し上げます。
引き続き建設中止へ向け活動してまいりますので、ご指導、ご協力をくださいますようよろしくお願い致します。

次の青い文字をクリックすると計画反対のパンフレットへ移動します。

賛同団体:風力発電の真実を知る会/一般社団法人 北海道自然保護協会/AKITAあきた風力発電に反対する県民の会/石狩湾の風力発電を考える石狩市民の会/いのち環境ネットワーク/小樽・余市の巨大ウィンドファームの計画について考える会/札幌大気汚染測定連絡会/道北の自然と再生エネルギーを考える会/日本科学者会議北海道支部大規模風力問題研究会/日高鳥類研究所/能代・山本洋上風力発電を考える会/風車はもういらない@秋田/フェアビジョン編集局/由利本荘・にかほ市の風力発電を考える会/

(五十音順)

たくさんの署名をありがとうございました!” に対して6件のコメントがあります。

  1. 松田 幸夫 より:

    大規模な風力発電は、電力の安定供給には役立たないし、成功例もない。耐用年数もわずか20年足らずで、自然を破壊するだけ!

    1. ks より:

      松田 様 返信が遅くなり失礼しました。まさに、不安定な電力源です。バードストライクなど、貴重な野生生物への影響や低周波音による住民への影響など、解決されない問題が山積されたままです。エネルギー政策をしっかりと未来へ向けて考えるべきだと思います。

  2. 加藤章子 より:

    オジロワシとチュウヒの生息地である
    豊富町の風力発電計画には、生態系破壊のリスクがあるので、計画中止にしてください。
    これ以上、自然破壊してまでメガ開発はいらない。

    1. ks より:

      加藤さま、いつもありがとうございます!
      当会の活動にご賛同いただき、感謝申し上げます。
      アセス書の中でも、オジロワシ・オオワシの飛翔がとても多い場所でもあり、付近にはチュウヒの営巣地もある地域です。
      また、経産大臣からも勧告(基数を減らす事や大幅な移動)が出ています。しかし、事業者はこの計画を進めて行くようです。
      大規模な太陽光や風力は、希少金属を使用することからも資源の枯渇に繋がっていきますし、事業終了後は産業廃棄物となるだけです。
      全く、地球に優しいエネルギーとは言えません。
      引き続き、応援をよろしくお願いいたします。
      ありがとうございます。

  3. 氏家泰子 より:

    風力発電の為の大きな「羽」で多くの鳥達がぶつかって死ぬ・・問話を聞き、心配しています。

    1. ks より:

      北海道では2012-2019の7年間で、天然記念物のオジロワシがバードストライクにより”63羽”が死亡しています。(北海道環境事務所による数値)とんでもないことが起こっていますが、話題になる事は殆どありません。

松田 幸夫 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です