稚内市長へ要望書を提出しました

平成30年7月30日 稚内市長(環境水道部長経由)へ「稚内市風力発電施設建設ガイドラインに対する要望」を稚内の風力発電を考える会・ゆうち自然学校・道北の自然と再生エネルギーを考える会・日本野鳥の会道北支部・特定非営利活動法人 サロベツ・エコ・ネットワークの5団体で提出しました。その後、読売新聞・北海道新聞・宗谷新聞社・稚内プレス社へ要望書の内容、市の回答、風力発電を含む再生可能エネルギーに対して約1時間にわたり記者会見を行いました。

要望書を読み上げた後、担当部長より稚内市の考え方、ガイドラインについて等の説明がありましたが、どれも納得のいく内容ではなく、あくまでも法に準拠しているとの立場を崩さないことに対し、風力発電の必要性、自然破壊や環境破壊、無秩序に建設されることに対しての問題や、なぜガイドラインを制定したのか、民意がおざなりになっている事などを伝えました。一時間近くやり取りをしましたが、平行線に終わりました。すべて想定内でしたが...

稚内市としてはCO2の削減や自然を活用したエネルギーで貢献したいと強く話していましたが、稚内市及び近郊において発電されたエネルギーは地域の住民に還元されるわけではなく、首都圏に送電することが目的でそのために地域住民が犠牲になることは間違っており、国に対しての貢献としか受け取ることができないと反論しましたことを付け加えます。

減衰率や必要なエネルギー量も公表されず、一方的なエネルギーの推進については疑念を抱きます。

 

要望書はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です