再エネ発電設備の導入拡大に伴う 電気保安の現状と課題(経産省Webサイトより)

経済産業省の資料によると、太陽電池発電設備の事故件数は2012年度の0件に比べ、
2017年度には89件に上っています。2018年の災害による事故状況によると、
土砂崩れによるものが11件(平成30年7月豪雨)、強風によるものが20件(台風21号)と
なっています。

詳しくは・・・
再エネ発電設備の導入拡大に伴う 電気保安の現状と課題をご覧ください

リンクはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です