(仮称)清陵風力発電事業 計画段階環境配慮書に対し 意見書を提出しました

(仮称)清陵風力発電事業 計画段階環境配慮書に対する意見書を提出しました。

事業計画想定区域の約半分は国有林(保安林)内であり、支笏洞爺国立公園に隣接し、
北西には羊蹄山、南西には洞爺湖、北東には支笏湖があり、自然環境や景観がすぐれた場所での計画です。

事業計画概要:
風力発電所出力:最大 189,000 kW
風力発電機の単機出力:4,200kW 程度
風力発電機の基数: 最大 45 基

※ 意見書〆切は、2021年8月31日(火)当日消印有効

詳しくは、北海道のWebサイトをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です