(仮称)清陵風力発電事業 環境影響評価方法書の縦覧について

(仮称)清陵風力発電事業 環境影響評価方法書
の縦覧が始まりました。

縦覧期間:
令和4年8月18日(木)~令和4年9月21日(水)
意見書募集期間:
令和4年8月18日(木)~令和4年10月5日(水)
縦覧場所:
【縦覧場所】
北海道環境生活部環境保全局環境政策課
胆振総合振興局保健環境部環境生活課
伊達市役所第二庁舎経済環境部商工観光課
伊達市大滝総合支所地域振興課
千歳市役所市民環境部環境課

住民説明会の開催について
日時:令和4年8月28日(日)午後4時から
場所:千歳市民文化センター視聴覚室
日時:令和4年8月30日(火)午後6時から
場所:大滝基幹集落センター集会室

風力発電所出力:最大 189,000kW
単機出力:4,200kW 程度
基 数:最大 45 基

詳しくは下記、北海道のWebサイトをご覧ください。

→こちらから

(仮称)清陵風力発電事業 環境影響評価方法書の縦覧について” に対して1件のコメントがあります。

  1. ジェンキンズ 則子 より:

    北海道でも観光地として名高い洞爺湖、支笏湖に隣接した地域であり、名山に囲まれた自然豊かなこの素晴らしい環境を破壊する風力発電を建設、稼働するという行為は許されることではありません。経済、投資のためであり、再生しないのに再生エネルギーなんていうまやかしを地方に押し付けることはやめて下さい。ご自分の本社のある地域に建設なさったらどうですか?あなた達のいう安全なものであるなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。